2015年11月23日月曜日

全日本大会

全日本大会お疲れ様でした。
研究室関係で色々あり徹夜の後今朝6時に帰宅。死にそう。

マシンの体調不良は予選前日になんとか修復したが今度は本人の体調不良。立ちくらみの酷いバージョンに襲われ続けた二日間。
そんなことはさておき結果は、ロボトレース5位、ハーフマウス決勝最下位(認定証もらい忘れた為順位不明)

まさかの時間をかけなかった方が好成績。



ロボトレース:故障の事もあり去年のよりも探索・最短ともに速度を落とした最高速2.7m/sという今年最低のパラメータで走ったがまさかの5位タイムだった。直線が少なかった+シケインで減速しなかったのでそこまでタイムが落ちなかったようだ。
また去年の台湾大会用に対策した連続マーカー直後のR10や、大Rにあるシケインやほぼ直線シケイン、すべて出てきたのである程度相性が良かったのかもしれない。上位のマシンは結構そこでやられていたような気がする。

3走目は、このマシン最後の走行ということでもう直線1.5G以上の加速度、最高速はフラつく3m/sあたりに、低Rからギリギリまで速度を上げた最高パラメータをブチこんでみた。しかしマーカー読み飛ばし補正が効かないほどマーカを読み間違えたらしく吹っ飛んでしまった。

今作は伸びない最高速とバランスの悪い6輪に足を引っ張られて最高加速度以外予選上位マシンに勝ち目がないスペックの車体になってしまっており半ば諦めていたので予想外の結果。。
マシンがもう寿命のようなので今大会で引退させる予定(新作が間に合わなかったらまた出てくるかもしれないが)。
とにかく最後に本当に頑張ってくれた。


ハーフマウス:やはり32x32迷路は難しかった。金曜時点で16x8迷路で安定して探索できていたので大丈夫だろ思っていたが、本番迷路では3回も探索失敗。探索を速度や補正方法違いで8個用意してたのでそのうちの1つが当たってなんとか4回目で探索成功。最短走行はせっかくなのでとかなり速めで走行したが長い直線でスリップが大きかったのか壁切れミスったのか2個目の直線で曲がる位置がズレ3個目の直線でぶつかってしまった。せっかく斜め走行入れていたのに斜めにたどりつく前にぶつかり悲しかったが、あれを探索出来ただけでもかなり満足。

-
今大会は前大学での後輩達に予選・決勝とも後ろの順位につけられた。皆一人一人自力で設計・加工しオリジナル車体を作り、それで何名も決勝進出、上位に食い込んできていた。更にそのうち何名かの3年生はマウスでエキスパート決勝にも出ている。またバイク型トレーサや変態配線マシンなど、形はどうあれ人とは違うことをやろうとしている変態が増えてきておりいい傾向だ。
自分たちが所属していたころは工作機械の使い方も知らず、未完走・予選落ちが当たり前の弱小サークルだったが、当時とはえらい違いだ。本当に最近の成長が著しい。既に自分よりも彼らの方が技術を持っているのではないだろうか。そろそろ抜かれるのも時間の問題になってきた。

また今所属している大学のサークルの子達もここ1か月かなり頑張っており、ハードもソフトも1か月前に比べてかなり進歩していた。まだまだ経験値不足ではあるが、失敗を重ねてどんどん成長してきている。来年には前大学の後輩達とバトルを繰り広げてくれることだろう。 非常に楽しみだ。

-

今年も色々な人の新作や話が聴けて勉強になったしモチベーションを少し取り戻せた。
また海外勢とも今年は積極的に話が出来たので色々情報を貰えた。こういうのをマシンにフィードバックできたらいいな。

全日本大会本当に楽しかったです。
運営の方々ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿