2015年10月26日月曜日

中部地区…

大会と見せかけて不参加。
ちなみに来週の学生大会も不参加。修士の年齢は過ぎたからもういいかなって感じなので以後も多分参加しない予定。

一応新作設計はこの1週間で終わったが、パーツ製造発注したところで今年は載せる部品を買えそうにない。
まぁ間に合わせる気もあまりなかったので、お金がある時にゆっくり完成させよう。そんなときがあればだが。

しっかし6輪機が台湾大会のアレで相当ダメージ負っててもうすぐ再起不能になりそう。予備パーツは1セット分だけあるが今更直すのもなって感じ。 調整で走らせるのももうかなり危ない状態なので現状維持で全日本持っていく予定。基板厚1mmはやっぱやりすぎたなと反省。内部で配線が切れる。

-

前言ってたように吸引についてーとかやろうとしたけど他の人参考にしただけなので大して書くこと無いなということに気付いたのでやめ。 ファンも他人の試作品を貰っただけだから勝手に公開は出来ないし、スカートについても教えてもらったものなので書くのをの躊躇う。
まぁ一言で言うならなんか適当に作っても遠心ファンつけてりゃ意外と吸えるよ という感じ。
通常トレーサで使うことも無い技術なので大して説明の必要もない気がする。

---

というわけで中部地区サボってどこ行ってたかというと国分寺近くにある美大に行ってた。
ずっと行きたかったのよね。美術系のとこの大学祭。
もう入り口から気合の入り方がヤバい。
露店一つ一つとっても看板や外装のやる気が、というかクオリティが高すぎてすごい。
普通の大学の大学祭をイメージしてたが想像以上だった。展示もかなりの数が行われていて1日で回りきるのがかなりキツいレベル。 あと何故かプロレスをやっていた。
あとフリマのブースがいたるところにあって、学生の作品等を売っており本当に一日中楽しめた。
色々見て思ったがやっぱり基礎をちゃんと学んでいる人の絵とかって見てて綺麗だなと。

しかし製作者一人ひとりそれぞれ表現したいものを持ってて、その人なりの表現をしようとしてて、なんというかそういうことが出来るのは素晴らしいなと思う。
ここまで右倣えでやってきてしまった身としては、こういう自分を表現することが出来る人は羨ましい。自分は臆してしまって自分の考えすら人に言えないというのに。

非常に楽しかったので今度また別の大学祭行ってみたい。

2015年10月1日木曜日

たいわんりょこう

北信越後から今日の今日まで熱出したり吐き気起こしたり体調不良続き。そして今日から大学院。
関西大会はまた後にして、今回は個人的に大会前にしていた台湾旅行の内容をざらっと簡単に

---
初日は成田からEVAで桃園機場へ、
キティーちゃん仕様だったが見た事ないキャラばかりの外装。


夜は台北のゲストハウスへ。その後オーナーとちょっと治安が悪いと言われる辺りをぶらついていた。裏路地にたたちんぼの女性が集まって居たり、いい子居るよ的な感じで声をかけられたりした。そういう場所らしい。 ちょっと怖かったが面白い雰囲気ではあった。

---
二日目はバスで高雄まで。
普通のバスに乗ってもおもしろくないので、和欣客運の2列シート車、白金座艙というのに乗ってみた。

想像以上だった。全力で足を延ばしても全く前に届かないほどのシートピッチ、フットレストやリクライニングはすべて電動、しかもシェル型なので全力で座席を倒しても後ろを気にする必要が無い。最高のすわり心地、というか寝心地だった。
またコンセント、マッサージ機能というよりただのバイブ機能、微妙に画面サイズの合っていないタブレット、ヘッドホン等が備え付けられている。タブレットでは専用ソフトで音楽や上下が微妙に切れた映像作品が見られる。新劇の巨人とかデスノートやCCさくらが入っていたような気がする。
ちなみにこれで600元。(=2200円くらい?)新幹線や鉄道より安い。

-

高雄ではTakao bayというゲストハウスを利用。ノープランだったがオーナーが親切で色々情報をもらったり飯連れて行ってもらった。
以下書くのつかれたのでほとんど写真だけ。

 海岸の倉庫地帯を改装した芸術特区?という場所。壁画以外には謎の、本当に謎のオブジェが大量に。
 その横にある旧車両基地を利用した公園。

いくところまでいってしまった高雄MRT。
公式がこれやってて大丈夫かなってくらい色々危ない注意書き。


 愛河
沸光山と記念館。

牛肉麺。

--
2日滞在してそのあと特急で嘉義へ行き噴水鶏肉飯で飯を食い、また特急移動で台中の宮原眼科行ってお土産を買う去年と同じような流れ。
台中からは干城バスターミナル→板橋行の高速バス利用。あまりの混みっぷりに今度から金曜とか夕方とかはバス使うのを控えようと思った。というか高速道路での交通マナーがアレすぎて生きた心地がしなかった。

その後ホテルロビーに日本勢とピッタリ同時に到着し合流。といった感じだった。
合流後の観光はU宮さんのブログあたりで書いてくれてるので見てください。