2016年10月17日月曜日

たいわんりょこう2016-1

今年も行ってきました台湾大会。

最近ダラダラしすぎて新作プログラムが間に合わなかったため、去年のように新作に吸引機構のっけて参戦。

ドッギャァァァン

機能度外視で見た目重視の設置。みんなと同じ形で吸引するのもつまんないので見た目で遊んだ。なんでこんなことしたんだと海外勢に聞かれてカッコいいからだよって答えてたら、K氏に「見た目重視ならファンの部分になんかデコレーションしろよ」と言われてしまった。確かに。

とりあえずそもそものマシン性能が低い為、吸引して走ってるのに前作よりターンが遅いという悲しい状態。結果は台湾大会参戦し始めて3年目にして初めて加減速走行完走、順位はなんとか6位。Car〇isよりは順位上でした。ハイ。

大会については
http://hidejrlab.blog104.fc2.com/blog-entry-1243.html
http://kojimousenote.blogspot.jp/2016/09/2016.html
http://4th-laboratory.cocolog-nifty.com/diary/2016/09/post-19d3.html
http://anikinonikki.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/4-ce31.html
あたりで既に書かれてるのでそっちをみていただければ。

ことしも楽しい大会でした。
大会でお世話になった蘇先生、龍華大學の学生の方々ありがとうございました。



-----
旅行

七回目の台湾旅行。今回は大会1週間前に台湾へ行き台北2泊→台東2泊→高雄2泊という感じで行ってきた。宿泊は全てゲストハウス。

---入国~台北2泊
台北ではもう特に観光したい場所無いなーということで基本的に目的なしで街をブラブラ。途中台湾のマイクロマウス友達にご飯食べに連れてってもらったり、陽明山行ったり基隆夜市を案内してもらった。
 基隆夜市。ご飯屋さんがたくさん。現地人によると、この通りの店は昼と夜で出してるメニューが違うんだとか。台北から30分に一本出てる電車で行けて、日本人観光客も少ないのでオススメ。
KEELUNG。この他にも山を見るとハリウッドみたいな感じでKEELUNGという文字があった。
川沿いとかもライトアップされていていい雰囲気。

---台東へ
朝から普悠瑪號で台東へ。台東方面の電車、特に普悠瑪號は一週間~10日前には切符を予約しないと乗れない。現地人に聞いたところ大陸の観光業者が一気におさえてしまうかららしい。
というわけで切符は入国前に台湾鉄道のHPで予約した。最近は受け取りが窓口ではなくて自動券売機で行えるようになっていて便利。
あっという間に台東到着。普悠瑪號超速い。
着いたはいいものの、駅前何もない。ここでひたすらバス待ち。タクシーに声かけられるけどお金無いしあんまり無駄遣いしたくないので辛抱強く待ってなんとかバスに乗って台東バスターミナル(旧駅)へ。全然バス来なかったのでお金がある人はタクシー使った方が良いと思う。
台東の路線バスはほとんどどの路線も4列シートの長距離仕様だった。何故だろう。

台東ではバス移動がメインになるので結構難易度が高いが、Android用の便利なアプリを使った為そこまで苦戦はしなかった。
BusTracker Taiwan
Routeを選んでバス番号を入れると停車するバス停、現在のバスの位置情報、その路線の時刻表(出発地点の)が出るので、非常に便利。ただトラッキング情報は結構いい加減っぽいので注意。あとルート検索もできるがGoogleマップのルート機能まんまなので台東ではあんまり使えない。
とりあえずGoogleマップで使うバス停とか行きたいバス停を選択して通っているバス一覧を取得し、その番号をRouteで打ちこんである程度の時刻を調べて~という感じで使った。

 台東バスターミナル(旧駅)。バス乗り場の後ろがこんな感じの公園になっている。昔はここがメイン駅だったらしい。線路とか機関車をくるっと回すアレ(名前を知らない)とかの上も普通に歩ける。
その後バスの少なさに四苦八苦しながらなんとか台東のゲストハウスに到着。HeyiHomestayという所に泊まったが The新築! って感じでものすごい綺麗だった。シャワーもすごい勢いでちゃんとお湯が出る。というか自宅よりも勢いよくお湯が出る。すごい。
夜はスコールで外に出られずご飯買いにいけないなーとか思ってたらオーナー家でご飯をごちそうになりました。美味しかった。

雨があがった後セブンイレブンに行ったら、店の人に え?日本人?なんでこんなとこに? みたいな反応をされた。今回泊まったとこ台東の普通の住宅街なだけあって日本人は全然来ないんだろうなーと。
台北とか日本人だらけで海外に来た感あんまないけど、台東は全く日本人見なかったので海外感あってすごく良い。新鮮。

---多良観光
翌日観光へ。オーナーさんからは三仙台とかの有名観光地をひたすらプッシュされたが、あえて多良車站へ行ってきた。「原付無しであそこ行くのは…やめたほうが…」的なこと言われたけれども強行。
ゲストハウス前のバス停から8136ってバスに乗れば2~3時間で着くが、トイレ近いので耐えられる気がしなくて8129で知本駅→電車で金崙駅→そこから8136バスで多良へ って感じで行く予定を立てた。
 金崙駅。なんも無い。非常にのどか。ご飯食べてる人が普通にハロー!とか声かけてくるレベルでのどか。あと温泉が近くにあるらしい。
ここから国道9号まで歩いて行ってバス待ち。かなり時間があったので、例のバスアプリを使ってアラームをセットし周辺ブラブラ。その後アラームが鳴ったのでバス停に向かったが、アプリ上ではバスがとっくに行ってしまったという表記になっていた。流石いい加減だ…。
仕方ないので目的地まで歩くことに。しかし海岸沿いの山道でブラインドだらけ、交通量が少ないのですごいスピードでトラックとかが駆け抜けていく、歩道なんてものはない といった状況で本気で死ぬかと思った。というか途中で路線バスっぽいものが駆け抜けていった気がしたがもしかして。ここは絶対歩かずにバスで行った方がいいと思った。下手したらマジで死ぬ。
50分くらい歩いて多良車站到着。

多良車站。台湾で一番美しい駅だそうで。ちなみに廃駅なので電車では直接来れない。というか来れたらこんな死にそうな思いはしてない。
曇ってはいたが海の青、駅の赤、山の緑がいい感じにマッチして綺麗だった。
お土産屋が目の前にあって、来たタイミングでは閉まっていたので休みかなーと思っていたら電車が通るタイミング(観光客が一斉に来る時間)のみ店を開けていた。自由でいいなーって感じ。
お土産屋以外にちょっとご飯食べられる屋台があった。

近くに居た猫。

ちなみに多良車站の時刻表。ネットで探しても見つからないので現地で撮ってきた。Googleルート検索では出てこないバスが結構あった。
帰りはトイレの不安はあったが普通にバスに乗って帰ることにした。
バス待ちをしててバスが通りかかったので手を挙げて停めたが、時刻表のどこにも書いてないバスだった。調べたら高雄から台東までの長距離路線のバスで本来ここには停まらないらしい。が、乗せてくれたのでそのまま乗った。ここに書いてあるバスより止まるバス停が少なく30分くらい早くついた。

台東市街観光
オーナーにおすすめされた米台目。米で作った麺らしい。うどんっぽくて美味しい。
 なんか海岸の公園。
 琵琶湖
 鉄花村。さっきの台東バスターミナルすぐ横。気球みたいな飾りがたくさんつりさげられてて綺麗だった。現地のアーティスト?が作ったものを売ってるショップなんかもあった。
台東観光夜市
ゲストハウスでもらったガイドブックにはその日の曜日はやってないって書いてなかったけどやってた。。。
規模はそこまで大きくないけどいい感じ。海鮮多めだなーといった感じ。
途中にやたら大きいスーパーがあるので、そこでお土産とか買える。
あともう一つ夜市があるらしかったが、やはりその日はしまってるということだったので行かなかった。台東で夜市をちゃんとめぐりたいならやってる曜日を調べてから行くことをおすすめする。

洗濯物が溜まったがゲストハウスに洗濯機無いっぽかったので初台湾コインランドリー。
日本とあんまかわんない。
しかもどうやら出来たばっかりのところだったらしく半額だった。ラッキー。
台湾の言葉でかかれた使い方をなんとなく読みながら操作してたら、コインランドリーのオーナーっぽい若い男性が操作をやってくれた上に、洗濯物の内容を確認して温度設定と乾燥時間もどれくらいがベストか教えてくれた。ほんと優しいな台湾人。感謝。



とりあえず台東行って思った事は、原付かレンタカー無いとめっちゃ観光キツい。

ここまで書いたところで結構長くなったので続きは次の記事に書く。
求められてなくても書く。

0 件のコメント:

コメントを投稿